潮出版社
 
 
#
著者名
横山光輝
カテゴリ名
本/愛蔵版
発刊日
2009年05月07日
判型
四六判
ページ数
411
ISBNコード
978-4-267-01787-2
Cコード
0079
価格
1,620 (本体 1,500円)

ご注文はこちら

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • 紀伊國屋書店
  • honto

作品概要

総兵の印
呉が石亭の戦いで魏の曹休を破ると、蜀に魏への進撃を要請してきた。孔明は「後出師の表」を奉り、出陣。魏では再び曹真が大都督となった。蜀軍は陳倉へ向かうが、陳倉城の守りは固く、蜀軍は苦戦を強いられる。姜維が曹真を斜谷に誘い込む策もうまくいかず、曹真は守りを固めて動かない。孔明は一時漢中へ撤退した。
呉では孫権が皇帝を名乗ると、蜀はこれを認めた
陳倉の郝昭が重病になり、孔明は関興と張苞に陳倉を急襲させて落とすと、三たびキ山に進出。魏ではついに仲達が大都督となった。仲達は孔明から作戦をことごとく読まれ、守りを固めて陣から動かなくなる。孔明は陣払いをしていると見せかけ、追撃を誘う。

目次

石亭の合戦/後出師の表/陳倉攻め/猛将王双/再度キ山へ/岩と火/蜀の欠陥/裏の裏/火の海/兵法の極意/王双を討つ/孫権即位/陳倉落城/総兵の印/決戦前夜/再度の挑戦/陣払い
三国志関連地図
三国志通講座26 「生け捕り」 井波律子(中国文学者)
死せる孔明、生ける仲達を走らす 山折哲雄(宗教学者)

感想を送る

この本の感想をお聞かせください。
この本への
ご意見・ご感想
メールアドレス
性別
年齢
氏名
都道府県
本書を知ったきっかけ
読み終えるのにかかった時間
印象に残った一行

入力情報の取扱い方針については、「プライバシーポリシー」よりご確認いただけます。送信前に必ずご確認ください。