潮出版社
 
 
#
著者名
横山光輝
カテゴリ名
本/愛蔵版
発刊日
2007年10月05日
判型
四六判
ページ数
424
ISBNコード
978-4-267-01768-1
Cコード
0079
価格
1,650 (本体 1,500円)

ご注文はこちら

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • 紀伊國屋書店
  • honto

作品概要

英雄論
曹操と玄徳は都に凱旋した。帝位を狙う曹操は、帝をないがしろに扱う。帝は玉帯に密詔を忍ばせ、董承に曹操を討てと命じる。玄徳は董承が募った血判状に名を連ね、袁術討伐を申し出て都を離れる。
董承が病に倒れると、帝は名医・吉平を差し向ける。董承の病の原因を知った吉平は、自ら頭痛もちの曹操に毒薬を処方できると語る。

目次

臣道/血判状/英雄論/放たれた虎/袁術の最期/暗殺命令/一通の伝書/くじ引き/張飛の作戦/外交戦略/名医吉平
三国志関連地図
三国志通講座⑦「名馬」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
神戸・新長田で初の『三国志祭』開催!
横山作品の魅力―語り難く、見ればわかる―の奥にあるもの みなもと太郎(漫画家、マンガ研究家)

感想を送る

この本の感想をお聞かせください。
この本への
ご意見・ご感想
メールアドレス
性別
年齢
氏名
都道府県
本書を知ったきっかけ
読み終えるのにかかった時間
印象に残った一行

入力情報の取扱い方針については、「プライバシーポリシー」よりご確認いただけます。送信前に必ずご確認ください。