潮出版社
 
 
潮2021年11月号
月刊「潮」 潮2021年11月号
発刊日
2021年10月5日
価格
660 (本体 600円)

目次

【特別企画】超成熟社会を生きる

患者さんの小さなサインを感じ取ること。村上靖彦

認知症になった母はいま何を思い願っているのか。恩蔵絢子

【連載対談】ニッポンの問題点(47)

 「居場所」をつくることが孤立社会の特効薬。湯浅 誠×田原総一朗

 

【特集】新型コロナ攻防戦

国産ワクチンと治療薬開発へ長崎大学の取り組み。河野 茂

【ルポ】公明党と自治体の連携で実現した「墨田区モデル」。椚田 進

 

 

【特集】人を〝育てる〟心得

【対談】常勝への道――大学駅伝の魅力と展望。渡辺康幸×榎木和貴

【ルポ】東北の高校生が富士山頂から見た未来。黒島暁生

若者の自信とやる気を奪うNGワード。坪田信貴

 

 

連載ドキュメンタリー企画

民衆こそ王者 ――池田大作とその時代

<希望をつなぐ人>篇(7)

 

 

【新連載】池田思想の源流――『若き日の読書』を読む(1

 読書は人生の財宝。佐藤 優

 

 

【新連載】トクサンの「人間野球」日誌(3

 雇われ野球人か プロフェッショナルか。トクサン

 

 

アフガン撤退の真相とアメリカの対中戦略とは。佐橋 亮

 

 

【シリーズ】シニアのための「生き生き」講座

「一日八〇〇〇歩、速歩き二〇分」こそ健康長寿への近道。青栁幸利

「家が物であふれていく」 ためこみ症の実情と対策。五十嵐透子

 

 

【インタビュー】

 幻のユキヒョウを絶滅から守りたい! 双子姉妹の挑戦。

 木下こづえ×木下さとみ

 

 

【ヒューマンストーリー】

天野安喜子

花火師と柔道審判員――ふたつの道を貫く「迷わない覚悟」。

 

 

鎌田實の「希望・日本」(18) 

 ネットでもリアルでもスタッフの「心」はお客に伝わる。鎌田 實

 

 

【対談】高島礼子の歴史と美を訪ねて(14)

 民衆の思いが歴史を動かしていく。門井慶喜×高島礼子

 

 

【好評連載】

深掘り!「三国志」(4)

 「赤壁の戦い」後の群雄たちの虚々実々。塚本靑史

 

世界への扉(61)

総選挙を前に――日本のリーダーの条件。

三浦瑠麗

 

名越康文のシネマ幸福論(37)

逃げるは恥か?

名越康文

 

 

寄せ場のグルメ(28)

「焼き肉の郷」に秘められた近代史の謎。

中原一歩

 

 

大相撲の不思議(71)

相撲列車。

内館牧子

 

 

【連載小説】

蒼天有眼――雲ぞ見ゆ(28)

山本一力

 

 

水の月(16)

中江有里

 

 

吉野朝残党伝(10)

天野純希

 

 

25回 読者手記発表!

テーマ「お弁当の思い出」

読者手記 大募集!

(第28回 テーマ 背中を押してくれた言葉)

 

 

USHIO情報BOX

暮らしの相談室【保険編】(息子の代わりに保険を掛けてあげたい)/ecology&economy 新しい生活様式のエコライフ(秋に大掃除をしよう! )/熟年世代の危機管理術(火災被害に遭わないために必要なこと)/SAFETY&SECURITY IT博士と学ぶデジタル社会の歩き方(Facebookでつながろう!)/楽して楽しむガーデニング(秋植え球根の植えつけ)/ナンバープレイス/手近な素材で簡単おうちごはん(白菜キムチ)/近ごろ…カラダが何かヘン!?(夜、トイレが近い)/サトミツの知っててよかった!お掃除豆知識(タオルの除菌)/おうち時間に簡単体操(椅子を使って上半身ストレッチ)/シネマ&DVD/ステージ&ミュージアム/短歌/俳句/時事川柳/最近気になるモノ(凝り解消グッズ)

 

 

ずいひつ「波音」

こころを聴く(71)脳の内を見られる。中西進/情報リテラシー。坂東眞理子/「八月」の風化を恐れる。三山秀昭/歳を取って楽しめること。西尾克洋/自力登山から自力生活へ。服部文祥

 

 

PEOPLE2021/世界のネコたち(埼玉県)/”ティー・エイジ流”カフェ散歩(蘇った名建築で女学生の幻に出会う)/世界紀行(ユキヒョウの暮らす場所)/トピックス(秋を彩る詠み人たち)

 

 

潮ライブラリー/新聞クリッパー/今月のちょっといい話/クロスワード・パズル/囲碁・将棋/読者の声/編集を終えて

 

読みどころ

【特集】新型コロナ攻防戦 より

 公明党と自治体の連携で実現した「墨田区モデル」

椚田 進(フリーライター)P.64

 本年夏、日本は感染拡大の第五波に見舞われました。そんななか、東京都墨田区は特筆すべき感染対策の成果を上げています。

本記事では、保健所、区議会のキーパーソンに取材を行い、「墨田区モデル」と称賛される墨田区のコロナ対策の全容を

明らかにしています。

 椚田氏はまず、墨田区のコロナ対策を担う同区保健所の西塚所長に話を聞きます。

所長によると、第五波に対応できている理由は「①病床の拡充、②在宅医療支援の強化、③迅速なワクチン接種」の

三点にあるそうです。第四波の教訓を、墨田区として対策に生かしていったのです。

 そのうえで所長は「これらの対策については、大越勝広区議をはじめとした墨田区議会公明党のご理解とご協力が一つの道標となりました」と語ります。保健所が打ち出した「攻めの対策」を受けて、「合理的な施策については積極的に保健所をバックアップすることにしたんです」と大越区議。

 区議会公明党は、予算の確保や保健所業務の合理化、既存の体制を生かした高齢者・障害者施設への迅速なワクチン接種など、医療現場のニーズや区民のニーズに応える取り組みを行っていきました。

 公明党のネットワーク力が存分に発揮された墨田区の事例をぜひご確認ください。

 

【特集】人を”育てる″心得 より

 【対談】常勝への道――大学駅伝の魅力と展望

渡辺康幸(住友電工陸上競技部監督)× 榎木和貴(創価大学駅伝部監督P.80

 早稲田大学の駅伝監督として出雲・全日本・箱根の三冠を達成した渡辺氏と、箱根駅伝で飛躍を遂げた創価大学駅伝部監督の榎木氏が対談を行いました。

 冒頭、選手として同じ時代に活躍した二人が知り合った経緯や現役時代のキャリアについて話します。次に話題は、2021年お正月の箱根駅伝へ。初の往路優勝、総合2位へと躍進した創価大学について、渡辺氏は「残り2キロまでトップを独走したのですから、すごかったですね」「チームが一丸となった総合2位だったと思います」と評価します。創価大学はもともと総合三位を目標に掲げていましたが、手応えがでてきたのは12月に入ってからだったと榎木氏は振り返ります。夏合宿の成果が秋の試合でうまく表れなかったことで、選手たちにスイッチが入ったそうです。その勢いのまま、目標を上回る好成績を残しました。

 対談ではこのほか、いまの若い選手をどう指導するかといったことにも言及しており、駅伝ファンはもちろん、そうでない方にも楽しめる記事になっています。

 

【新連載】池田思想の源流――『若き日の読書』を読む(1)読書は人生の財宝

佐藤 優(作家、元外務省主任分析官)P.160

 今号から、佐藤氏の新連載がスタート。本連載では、池田先生の『若き日の読書』『続・若き日の読書』をテキストにして、佐藤氏が先生の読書術を研究していきます。

 佐藤氏はまず、現代における読書の重要性をコロナ禍と関連させて論じます。氏は、コロナ禍における最も大きな構造的変化は「グローバリゼーションに歯止めがかかったこと」であり、「その結果、各国の国家機能が強まった」と指摘。そして、国家自体を崇拝の対象とする国家主義の脅威に警鐘を鳴らします。とりわけ佐藤氏は右翼的国家主義のみならず、「最近になって国家主義を露骨に煽(あお)っている日本共産党に対する警戒心を強めなくてはならない」と、左翼からの国家主義の危険性を説(と)いていきます。日本共産党は北方領土問題について、戦後国際秩序の基盤であるサンフランシスコ平和条約を否定し、全島返還を要求するという特異な主張を展開しつづけています。このような愛国戦術を見破り、問題を正しく理解するために必要とされるのが「読書」なのです。

 池田先生は『若き日の読書』の「はしがき」に、「若いときに読んだ本は、溌溂(はつらつ)たる精神の血となり肉となり、やがて生涯の骨格さえ形成するものだ」と記しています。いままさに求められる読書の仕方、とりわけ信仰者としての池田先生の読書の仕方を学んでいく本連載をぜひお読みください。

定期購読
月刊「潮」の定期購読をご希望の方はこちらからお申し込みいただけます。