潮出版社
 
 
潮2021年9月号
月刊「潮」 潮2021年9月号
発刊日
2021年8月5日
価格
660 (本体 600円)

目次

【特別企画】コロナ禍のその先へ

パンドラの箱に残った「希望」。中西 進

「在宅ひとり死」という選択―― ただし、保険にはつながること。上野千鶴子

鎌田實の「希望・日本」(16) 

 「人口減少」でも充実して生きられるまちづくりへ。鎌田 實

コロナ脱出のカギはワクチン接種にあり。浅香正博

 

【特集】問われる政治の役割

煽動と大衆蔑視が日本共産党の思想の根源。佐藤 優

無責任な野党共闘が政治の混乱を招く。川上和久

コロナ後の日本再生へ 公明党の新たな挑戦。竹内 譲

 

【特集】どうなるニッポン経済

データは語る――「医療」と「経済」両立への可能性。仲田泰祐×藤井大輔

【連載対談】ニッポンの問題点(45)

 経済対策のキモは観光・飲食・中小企業を守ること。飯田泰之×田原総一朗

包摂的な「福祉国家」を目指すべき。神津里李生

 

連載ドキュメンタリー企画

民衆こそ王者 ――池田大作とその時代

<希望をつなぐ人>篇(6)

 

【人間探訪】

向井千秋

制約がある大人が見る夢は、強度が高く実現する可能性も大きい。

 

【クローズアップ】藤井聡太

史上最年少九段――十九歳の棋士が忘れぬ「初心」。

 

【新連載】深掘り!「三国志」(2)

 なぜ関羽は、「商売の神様」になったのか。塚本靑史

 

【新連載】トクサンの「人間野球」日誌(1)

 イッツ、ショウタイム! トクサン

 

【シリーズ】シニアのための「生き生き」講座

 脳を壊す悪習慣 悪口依存症にご用心!? 杉浦理砂

 「おひとりさま」でも入居可能! 高齢者の賃貸事情。 山本 遼

 「夏対応の体」をつくって熱中症対策を。 三宅康史

 

【対談】すべての報道は誤報から始まる。 瀬尾 傑×武田 徹

 

【ルポ】特別支援学校の球児たちが目指す甲子園への道。 黒島暁生

 

 

【好評連載】

【連載】高島礼子の歴史と美を訪ねて(12)

 原爆の悲劇を長崎で最後にするために。篠﨑桂子×高島礼子

 

名越康文のシネマ幸福論(35)

「笑い」は心の整理術。

名越康文

 

世界への扉(59)

女性が女性に対して異議を申し立てるとき。

三浦瑠麗

 

寄せ場のグルメ(26)

<対話編>寄せ場と「縁食」。(下)

藤原辰史×中原一歩

 

大相撲の不思議(69)

外国人力士の日本語。

内館牧子

 

 

【連載小説】

蒼天有眼――雲ぞ見ゆ(26)

山本一力

 

水の月(14)

中江有里

 

吉野朝残党伝(8)

天野純希

 

第23回 読者手記発表!

テーマ「ペットは家族!」

読者手記 大募集!

(第26回 テーマ 嗚呼、若気の至り)

 

USHIO情報BOX

暮らしの相談室【年金編】(失業保険をもらうのと、年金をもらうのとではどちらが得?)/ecology&economy 新しい生活様式のエコライフ(電気代の節約 ~エアコン②~ )/熟年世代の危機管理術(「防災の日」に向けて準備すべきこと)/SAFETY&SECURITY IT博士と学ぶデジタル社会の歩き方(Zoomでミーティングを主催する ~スマホ版~)/楽して楽しむガーデニング(夏越しのポイント)/ナンバープレイス/手近な素材で簡単おうちごはん(焼き肉のタレ)/近ごろ…カラダが何かヘン!?(声がかすれる)/サトミツの知っててよかった!お掃除豆知識(除湿器のメンテナンス)/おうち時間に簡単体操(ハーフスクワットで下半身を強く)/シネマ&DVD/ステージ&ミュージアム/短歌/俳句/時事川柳/最近気になるモノ(自分だけのための熱中症対策)

 

ずいひつ「波音」

こころを聴く(69)青金メダル。中西進/メガネ。佐藤賢一/日本の窮屈な観光を危惧する。平沼義之/またひとつおねえさんになった。古田徹也/「迷う」ことの価値。佐々木俊尚

 

PEOPLE2021/世界のネコたち(ドイツ)/”ティー・エイジ流”カフェ散歩(時代の先端を走り続ける純喫茶)/トピックス(動物園の天使たち)/四季の風景(誌上 残暑お見舞い)

潮ライブラリー/クロスワード・パズル/囲碁・将棋/読者の声/編集を終えて

読みどころ

【特別企画】コロナ禍のその先へ より

パンドラの箱に残った「希望」

中西 進(国文学者)P.32

 昨年来、新型コロナへの恐怖や感染対策による生活スタイルの急変などによって、

社会は閉塞感、倦怠(けんたい)感におおわれています。

今号で中西氏には、こうした危機の時代を切り拓く思想のあり方について論じていただきました。

 中西氏はまず、人類史を幸福へと転ずる重要なカギとして、

「『文明』と『文化』を、正しく見つめ直す視座」を提起します。

「文明を駆動するのは、人間の際限なき『欲望』」であり、

「文化を駆動する原理こそ、人間の心の内に宿る『希望』」である、

というように、文明と文化は似て非なるものです。

欲望を果てしなく追い求め、文明を発達させるだけでは、人類は幸福にはなれません。

これは、開発欲のままに環境破壊を推し進めていった結果、社会が危機に瀕している先進国の現状を見ても明らかです。

 ここで中西氏はギリシャ神話に描かれた「パンドラの箱」の物語を紹介します。

――パンドラが開いた箱からは、あらゆる不幸の種が飛び出してしまい、箱の中には「希望」だけが残った――。

つまり、人類が進むべき道は、希望によって駆動する

「文化を重んじ、心を耕(たがや)し続ける節度ある生き方」にある。

その希望の源泉は「社会を根底から変革する宗教をはじめする文化の持つダイナミックな力」あるのです。

 大きなスケールで人類の行く末を見通す、示唆に富んだ論考となっております。

 

【特集】問われる政治の役割 より

煽動と大衆蔑視が日本共産党の思想の根源

佐藤優(作家・元外務省主任分析官)P.62

 7月4日に行われた東京都議会議員選挙で、公明党は候補者全員の当選を果たしました。佐藤氏は「この大勝利の結果を、私たちは過小評価するべきではありません」と断言します。

 都議選で公明党は、①新型コロナウイルス感染症、②権力の増上慢、③日本共産党、というかつてない三つの困難に見舞われました。公明党は感染防止のために支持母体である創価学会の活動は著しく制限されました。

また、自民党の一部議員に権力の増上慢が現れ、公明党までも批判の声に晒されました。そして、日本共産党。佐藤氏は共産党の特徴に「宣伝」と「煽動(せんどう)」があることを指摘します。

 宣伝は「論理と活字」を重視する一方、煽動は「感情をかき立てること」を極めて重視します。他党の実績を横取りしたり、自分たちが汗をかいて具体化したわけでもない政策を、ただ「反対しなかった」というだけで、「自分たちの実績だ」と拡大解釈する、多少のウソも良しとする、というのは、まさに〝煽動の共産党″の側面なのです。この側面を佐藤氏は、「結果として共産党に一票入れてくれれば、それでいい」という大衆蔑視が思想の根源にある、と痛烈に批判します。公明党が直面している難を見定めることのできる論考となっております。

 

無責任な野党共闘が政治の混乱を招く

川上和久(麗澤大学教授)P.70

 先の都議選で、立憲民主党と共産党は野党共闘体制で臨みました。

秋に予定されている衆議院議員総選挙でも共闘は続く見込みで、両党は候補者の調整を行っています。

しかし、連立政権を組むかどうかについて、共産党が前のめりになっている一方、立憲民主党はややおよび腰です。

というのも、天皇制、日米安全保障条約、自衛隊といった国のあり方に直結する政策をはじめ、「両党の基本政策の隔(へだ)たりはあまりにも大きい」からです。

 にもかかわらず、立憲民主党の枝野代表は「連立政権を組まないことと連携しないことは全然意味が違う」とも発言します。

 こうした姿勢について川上氏は「一致しない基本政策は棚上げして、選挙協力はする。しかし、政権を獲得した場合には連立を組まない。あまりにも無責任ではないか」と語ります。

 また、「天皇制や自衛隊、日米安保という基本政策を棚上げし、現政権に一泡吹かせることだけを目的とする」ところに、共産党の本質がある、と川上氏は見ています。実際の選挙では、こうした「一泡吹かせてやろう」といった観点ではなく、具体的な政策をめぐって討論、争点化を図っていくべきです。記事では、衆院選で争点化するべきポイントが四つ挙げられています。

 現在の野党の政治姿勢、選挙に必要な具体的争点がわかる記事となっています。

定期購読
月刊「潮」の定期購読をご希望の方はこちらからお申し込みいただけます。