潮出版社
 
 
#
著者名
手塚治虫
カテゴリ名
本/コミックス潮漫画文庫
発刊日
1993年2月10日
判型
文庫判
ページ数
255
ISBNコード
978-4-267-01305-8
Cコード
0179
価格
534 (本体 485円)

ご注文はこちら

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • 紀伊國屋書店
  • honto

作品概要

筑紫哲也(ジャーナリスト)「解説」より
手塚氏はなぜ漫画を描くのかという点について「僕の人生観を僕なりの方法で伝えるつもり」「単なるエンターテインメントのつもりではない」(中略)「それが届くか届かないかが、僕の勝利であり敗北であり、希望であり、失望でしたね。半分以上届いてないですけどね」と付け加えている。

目次

【第三部】
第4章 騎士スカンダ/第5章 バンダブ山の会見/第6章 苦行林にて
ブッダ関係地図
ブッダの旅の行程図
解説 筑紫哲也(ジャーナリスト)

【第5巻】あらすじ

【第三部】


第4章 騎士スカンダ
シッダルタとデーパは、熱病にかかったアッサジを連れてバンダワの町にやってくる。シッダルタはうみを吸い取ってアッサジの病気を治した。
町の長者の娘ヴィサーカーは、シッダルタを誘惑するが、シッダルタは心を動かさなかった。そこへタッタが強盗団を引き連れてやってくると、町を焼き払い、ヴィサーカーを人質にとる。シッダルタは10年たったら国へ戻ることを約束し、タッタに盗賊をやめさせた。ヴィサーカーの心を知ったスカンダは自殺した。


第5章 バンダブ山の会見
死の世界の入り口から戻ったアッサジは、予知能力を身につけていた。
アッサジは20年後にビンビサーラ王が息子に殺されることを予言する。
ビンビサーラ王は、バンダブ山で修行中のシッダルタに会い、友人となった。


第6章 苦行林にて
シッダルタはデーパに誘われてウルベーラの苦行林にいった。河でからだを洗っているシッダルタの前にスジャータが現れ、毒虫や蚊にさされない薬を渡す。
苦行が始まった。タッタがやってきて食べ物をさしだすが、シッダルタは断る。ミゲーラはからだじゅうにできものができて苦しんでいた。
スジャータは2カ月も断食したシッダルタの姿を見て驚き、こっそり物置へ連れて行って牛乳とごはんをまぜたスープを飲ませる。
苦行林の修行者たちはタッタを捕らえ、丘の上の家に火をかけようとしていた。シッダルタはタッタを逃がし、タッタは火の中からミゲーラを救い出した。
シッダルタは林の中にひそんでいるタッタをたずねて、ミゲーラの姿を見た。アッサジはシッダルタに、ミゲーラを治す方法を教える。それは傷口から毒を吸い出すことだった。シッダルタはミゲーラの体からうみを吸い出す。

感想を送る

この本の感想をお聞かせください。
この本への
ご意見・ご感想
メールアドレス
性別
年齢
氏名
都道府県
本書を知ったきっかけ
読み終えるのにかかった時間
印象に残った一行

入力情報の取扱い方針については、「プライバシーポリシー」よりご確認いただけます。送信前に必ずご確認ください。