潮出版社
 
 
#
著者名
「池田大作とその時代」編纂委員会
カテゴリ名
本/単行本
発刊日
2022年5月2日
判型
四六判
ページ数
256
ISBNコード
978-4-267-02307-1
Cコード
0095
価格
1,100 (本体 1,000円)

ご注文はこちら

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • 7-net

作品概要

「読んで 読んで 読みまくれ」


若き日から、古今の詩集や文学、哲学に親しんできた池田。

読書は現実を切り開く糧になった。

そして、自ら本を書き、友に本を贈り続ける日々。

地道な積み重ねが、無数の励ましを生んだ。

目次

第1章 「大学」で育てた「金の橋」――日中友好 上

第2章 教育は国家を超える――日中友好 下

第3章 師匠が針、弟子が糸――厚田村

第4章 時をつなぐ、一冊の文庫本――岩手、山形

第5章 読書と思索の暇をつくれ――岩手、山梨

第6章 「冬」に「春」を見る力――第一部隊 上

第7章 見えぬ一念が全てを決める――第一部隊 中

第8章 秀山荘の三年間――第一部隊 下

感想を送る

この本の感想をお聞かせください。
この本への
ご意見・ご感想
メールアドレス
性別
年齢
氏名
都道府県
本書を知ったきっかけ
読み終えるのにかかった時間
印象に残った一行

入力情報の取扱い方針については、「プライバシーポリシー」よりご確認いただけます。送信前に必ずご確認ください。