「三国志」×「食」!! 魅惑のコラボレーション漫画!!! 特報! 「NHK WORLD-JAPAN」(NHK国際放送局) 『imagine-nation』にて 「三国志メシ」の特集が11月5日(火)放映決定!

2017年より「Web コミック・トム」にて連載されている、中国の歴史「三国志」に登場する食エピソードから料理を再現する話題のグルメマンガが「三国志メシ」が話題を呼んでいる。

「豚肉の切り肉のあぶりもの」のほか、「鶏肋(けいろく・鶏のあばら骨)スープ」をはじめ、「肉饅頭(まんとう)」「干し肉入り、雑穀米の雑炊」「羅漢果(らかんか)と梨のゼリー」などのレシピ集「三国志メシを作ろう!」も収録。

そこで今回「imagine-nation」では『三国志メシ』を中心に本庄敬先生に注目!

作品誕生の経緯やその想いを語っていただき、作業現場や取材現場を通して、先生ならではのこだわりを紐解いていきます。

海外の視聴者に向け、『三国志メシ』が紹介されます。

 

■放送予定日 2019年11月5日(火)

■放送時間 日本時間(火) 09 : 30~10:00 / 15:30~16:00 / 22:30~23:00   (計3回)

 

■MC    ホラン千秋/ニコラス・ぺタス

 

■番組内容  日本のアニメ・漫画・ゲームの中から毎週一つのジャンルに特化した作品をリポート。

制作者や原作者のインタビューを交えながら紹介します。

さらにグッズやイベントなど、最新のサブカル情報をお伝えするトピックスコーナーも

充実した内容でお届けします。

※テロップは全て英語表記、インタビューも英語吹き替え(ボイスオーバー)

共同制作:(株)NHKエンタープライズ

 

番組は公式ホームページからの視聴、および、NHKワールドのアプリをダウンロードすることで、スマートフォン、タブレットからでも見ることが出来ます。

 

▶NHKワールド公式HP

「三国志メシ」第1話〜第5話特別公開!

11月限定で「三国志メシ」第1話から第5話を特別公開!この機に「三国志メシ」をぜひ味わって下さい!

1膳目「謎の老人、現る」

都内で中華料理屋「楼桑村」を営んでいる中と華は三国志が縁で夫婦になったというほどの「三国志」好き。たまに店の手伝いをする華の弟、武志も無類の「三国志」マニアであった。

料理の味は良いと思われたが、「楼桑村」の経営は思わしくなく、華のため息は止まらない。

そんなある日、いつものように営業していると、謎の老人が店にやってきた。体に見合わず、次々と料理を平らげる老人だったが……。

「三国志」×「食」の異色コラボ、ついに見参!

▶第1話を読む

2膳目 「桃園の誓い」の祝い膳

先日訪れた謎の爺さんの言葉に思い悩む中(アタル)だったが、武志が見つけた現存する最古の料理書「斉民要術」をもとに、三国志の時代の料理づくりに挑戦することに。その中でアタルは料理人を目指した原点を思い出す。

完成した料理の前に、あの爺さんが再び姿を現す。

オオルリの鳴き声とともに、アタル達の目に飛び込んできたものとは…!?

「三国志」の時代の料理がついに登場!?

▶第2話を読む

3膳目 「曹操と「鶏肋」スープ

仕事で痛恨のミスをしてしまった武志は失意のどん底にあった。一方、アタルは三国志の料理の幅を広げようと鶏肉を使った夜食づくりを始める。そこに通りかかった武志を励ますために鶏肋スープをふるまう。

無心に骨をしゃぶっていた武志の耳に、オオルリの鳴き声が聞こえて…!?

謎のじいさんの正体が明らかに!?

▶第3話を読む

4膳目 母子(おやこ)の絆と「洛陽のお茶」

繁盛している「楼桑村」。活気ある店内で忙しく働いている華だったが、何故か浮かない顔をしていた。小学校で亮が給食を残して捨てていると聞き、飲食店の息子なのになぜ…とショックを隠せなかったのだ。

ため息ばかりをつく華の様子を見て、隣に住む友華梨さんが、息抜きをしようと、定休日に外に連れ出す。二人が向かった先は…。

劉備玄徳が己の志を定めた“茶”をめぐる母子のエピソードの真相とは!?

▶第4話を読む

5膳目 悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)─張飛と酒

飲み会の席で毎度大トラになってしまう武志。今回も深酒をしてしまい、二日酔いに苦しんでいる武志の様子に華(はな)は呆れる。

そんな武志に、中(あたる)は珍しい酒を手に入れたから二人で飲もうと誘い、中華風腸詰とさつまいもの茎炒めを作って振る舞うが…。

張飛の酒にまつわる失敗談。酒好きにはちと耳の痛いエピソードです…。

▶第5話を読む

続きは単行本で…
「三国志メシ」第1巻〜第3巻好評発売中!

Twitter、インスタグラムで「三国志メシ」の公式アカウント(@sangokushimeshi)を展開しています!