潮出版社
 
 
#
著者名
高橋光子
カテゴリ名
本/単行本
発刊日
2018年10月20日
判型
新書判
ページ数
208
ISBNコード
978-4-267-02158-9
Cコード
価格
1,000 (本体 926円)

ご注文はこちら

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • 紀伊國屋書店
  • honto

作品概要

太平洋戦争末期、
「ほくと君」と名づけられたぼくは、
米国本土を攻撃するための
「秘密兵器」だったー!!
子ども・親・祖父母、三世代で読める
事実をもとに描かれた物語!
戦争末期、有楽町の日劇の中で風船爆弾を作っているという
噂を耳にしたことがあります。本書を読んで、全国各地で
作られていたこと、そして高橋さんの体験を踏まえているだけに、
材料や作り方や装置の描写が実に具体的で、
この計画が真剣だったことを知りました。
戦争体験がどんどん風化していく中で、書き残しておきたいという
高橋さんの強い一念が伝わってくる一書でした。
津村節子(作家)

感想を送る

この本の感想をお聞かせください。
この本への
ご意見・ご感想
メールアドレス
性別
年齢
氏名
都道府県
本書を知ったきっかけ
読み終えるのにかかった時間
印象に残った一行

入力情報の取扱い方針については、「プライバシーポリシー」よりご確認いただけます。送信前に必ずご確認ください。