第4回「潮アジア・太平洋ノンフィクション賞」受賞作品決定

第4回「潮アジア・太平洋ノンフィクション賞」の受賞作品が、下記のように決定いたしました。

 

【受賞作】

『 A Little Kiss――カンボジア孤児院ビジネス問題

岩下明日香(ルポライター)

 

【概要】近年、発展途上国において外国からの寄付金目当てで孤児院を運営し、現地の子どもたちを商業的な目的で利用している実態が海外メディアで取り上げられるようになった。児童売買春の隠れ蓑に利用される深刻な事態にまで発展しているが、日本メディアではほとんど取り上げられない。
 それどころか、日本の旅行会社やNPOが、途上国への理解が深まるとして、現地の孤児院への訪問をツアーに含めているほどだ。弱い立場にある孤児院の子どもたちを裕福な国から来た観光客が物珍しから見に行くような「孤児院ツーリズム」の横行。経済成長と社会の変化が著しいカンボジアが直面する問題と、孤児院の子どもたちが背おうリスクを現地取材によって明らかにすることを試みた。

【著者略歴】1989年山梨県生まれ。関西外国語大学国際言語学部国際言語コミュニケーション学科に入学。在学中にノルウェー王立オスロ大学への交換留学を経て、2013年に卒業。16年に早稲田大学大学院政治学研究科政治学専攻ジャーナリズムコース修士課程修了。現在は雑誌編集人補佐をしながら、ルポライターとして活動をしている。

 

【選考経過】第4回「潮・アジア太平洋ノンフィクション賞」は、上記のように決まりました。応募総数135編のなかから、「波間に揺れる――戦果のベトナムを航海した船員たちの記録」(伊藤めぐみ)、「A Little Kiss――カンボジア孤児院ビジネス問題」(岩下明日香)、「ダージリン・エクスプレス」(釜中孝)、「君よ、光る風になれ――ハワイ日本人移民と野球」(高屋敷英夫)、「裁かれなかった罪と、罰――漫画喫茶従業員はなぜ死んだのか」(藤井誠二)の五編が最終候補作に選ばれ、2016年11月16日に、選考委員(梯久美子・後藤正治・楊逸・吉岡忍 各氏)の慎重な審議により決定いたしました。

選評および作品の一部は月刊『潮』2017年2月号(1月5日発売)に掲載されています。

 


※第1次通過は平成28年12月号、第2次通過は平成29年1月号に掲載されています。


▶第5回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞

▶第4回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞

▶第3回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞

▶第2回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞

▶第1回潮アジア・太平洋ノンフィクション賞

▶潮アジア・太平洋ノンフィクション賞トップページへ