ストーリー

高俅

高俅

腐敗政治の元凶。
もとはごろつきだが、遊び上手で皇帝に取り入り、軍の最高司令にまで出世する。

王進

王進

もと八十万禁軍師範。
高俅の前身を知っているため、高俅から迫害を受け、東京から逃げる。史進の師匠となる。

九紋竜史進

九紋竜史進

王進に武芸の手ほどきを受け武名を轟かせるが、山賊と通じていると見られ、故郷を捨てることになる。
後に梁山泊に合流する。

魯智深

魯智深

もと憲兵で魯達と名乗っていた。
まずしい歌うたいの父娘を助けるためにやくざを殴り殺してしい追われる身となる。

豹子頭林冲

林冲

もと八十万禁軍棒術師範。
高俅のため無実の罪に落とされ抱く獄して梁山泊に逃げ込む。
棒術の達人。

青面獣楊志

楊志

もと親衛隊将校。
剣を取っては無双と言われる。任務を失敗して謹慎していたが、やくざを殺して追われる身となる。

晁蓋

晁蓋

東渓村の名主。
人望厚くその名を知らぬ者なし。
高俅の政治に不満を持ち、わいろの金を強奪。梁山泊の首領となる。

呉学人

呉学人

晁蓋と同じ村に住む学者。
智は諸葛孔明に迫ると言われた人物。晁蓋とともにわいろの金を強奪。
梁山泊では参謀となる。

赤髪鬼劉唐

劉唐

晁蓋らとともにわいろの金を強奪する。幻術を使う。

阮小二

阮小二

石褐村の漁師兄弟の一番上。晁蓋のために働く事を喜びとする。

阮小五

阮小五

石褐村の漁師兄弟の二番目。晁蓋のために働く事を喜びとする。

阮小七

阮小七

石褐村の漁師兄弟の三番目。晁蓋のために働く事を喜びとする。

一清道人

一清道人

政治に不満を持ち晁蓋らとともに強奪事件に参加する。
後に二仙山で修行し、仙術の達人になる。

小旋風柴進

柴進

滄州の名主。晁蓋と同じように人望厚く慕う者が多い。 林冲を助け、梁山泊に行く事を勧めた人物。鉄牛が起こした事件に巻き込まれ災難に遭う。

黄信

黄信

官軍の指揮官であり、 花栄の友人。
逃亡した花栄と宋江を追うが、任務の失敗により家族まで殺され、花栄たちと行動をともにする。

花栄

花栄

清風塞の副司令官。
弓をとっては天下無敵。宋江とは義兄弟の仲。司令官を殺し、梁山泊に身を寄せることに。

宋江

宋江

もと鄆城県(うんじょうけん)の役人。義に厚く慕う者が多い。ごろつきを殺したばかりに追われる。晁蓋亡き後、梁山泊の頭領となる。

戴宗

戴宗

江州の牢役人。呉学人の友人。流刑されてきた宋江の便宜を図る。
一日に八百里走ることができるという神行法の術を持つ。

鉄牛

鉄牛

黒旋風の李逵。江州の牢番。ケンカ早いが根はいい男。粗暴な振る舞いで事件をおこすことしばしば。
2丁斧を使いこなす。

解珍・解宝

解兄弟

登州の猟師兄弟。さすまたを使いトラ退治をするが、毛旦那の陰謀により獄中に。孫立らによって助け出され梁山泊に向かう事に。

孫立

孫堤轄

登州軍馬堤轄として、山賊達に恐れられていたが、身内の脱獄計画に巻き込まれてしまう。梁山泊に向かうために、祝家荘戦に協力する。

一丈青扈三娘

一丈青扈三娘

祝家荘で活躍する女戦士。梁山泊軍をさんざんに苦しめるが、捕らえられ捕虜に。捕虜交換を拒否された事から、梁山泊入りをすることに。

呼延灼

呼延灼

禁軍の司令官。両手に持つ鞭を使い、連環馬など様々な戦術を駆使して梁山泊軍を苦しめる。一度敗れた後は青州城で再起を狙うが・・・。

盧俊義

盧俊義

北京大名府第一の富豪であり、学問も出来、武芸達者な人物。梁山泊に招かれ首領に請われるも固辞。牢につながれたが、助け出される。

▶ トップページへ

▶ 潮出版社のページへ

フッター