桑原武夫学芸賞について



☆ 桑原武夫学芸賞 過去の受賞作 ☆


桑原武夫学芸賞募集要項  過去の受賞作
     
 
第1回  平成10年 長田 弘 『記憶のつくり方』(晶文社刊)
第2回 平成11年 村上春樹 『約束された場所で』(文藝春秋刊)
第3回 平成12年 鷲田清一 『「聴く」ことの力』(TBSブリタニカ刊)
第4回 平成13年 小沢信夫 『裸の大将一代記』(筑摩書房刊)
第5回 平成14年 池内 紀 『ゲーテさん こんばんは』(集英社刊)
第6回 平成15年 川本三郎 『林芙美子の昭和』(新書館刊)
第7回 平成16年 加藤典洋
『テクストから遠く離れて』(講談社刊)
      『小説の未来』(朝日新聞社刊)
第8回 平成17年 池澤夏樹 『パレオマニア 大英博物館からの13の旅』(集英社インターナショナル刊)
    猪木武徳 『文芸にあらわれた日本の近代』(有斐閣刊)
第9回 平成18年 中沢新一 『アースダイバー』(講談社刊)
第10回 平成19年 井波律子 『トリックスター群像 中国古典小説の世界』(筑摩書房刊)
第11回 平成20年 四方田犬彦 『日本のマラーノ文学』『翻訳と雑神』(ともに人文書院刊)
第12回 平成21年 平林敏彦 『戦中戦後 詩的時代の証言1935-1955』(思潮社刊)
  茂木健一郎 『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房刊)
第13回 平成22年 坪内稔典 『モーロク俳句ますます盛ん-俳句百年の遊び』(岩波書店刊)
 
     




書籍検索
書籍名 著者名 詳細検索