桑原武夫学芸賞について



☆ 第14回桑原武夫学芸賞募集要項 ☆


桑原武夫学芸賞募集要項 第13回桑原武夫学芸賞決定のお知らせ 過去の受賞作

     
 

 京都学派のリーダーにして、日本の指導的知識人であった桑原武夫氏(1904〜88)は、共同研究という専門領域を超えた知的交流と討論の場を作ることによって、講座制の孤塁に閉じこもりがちな日本の学界に寄与した功績は大きく、その後の学問のあり方に影響を及ぼしました。

学問に対する進取的な認識のみならず、文学、芸術の世界への鋭い感受性、日本文明への批判的視点、そして人生への叡智・・・・・、その説くところ、山登りなどの人生経験を踏まえた総合の学問という趣があり、多くの読者を啓発しました。
 晦渋な観念論を好まず、常に平明で論理的、難解なところが少しもなく、達意の文章家でもありました。人物の肖像を描いた優れた散文は、人間観察の氏の力量と資質の証でありました。
 桑原武夫学芸賞は、このように「多岐にわたる桑原武夫氏の活動に見合うようなジャンルの作品」を広く公募し、顕彰することによって、卓抜な同時代人・桑原武夫氏の業績を永く後世に留めたいと思います。
 この賞が、日本文化の発展にいささかでも寄与することができれば幸いです。


【選考基準】
一、人間認識の着眼点に見るべきものがあること
一、明確な日本語で書かれた散文であること
一、現代人にとって意義がある、独創的な内容であること

【対象作品】
2010年1月から2011年2月末日までに刊行された単著の単行本。有識者からのアンケートおよび一般読者からの推薦(はがき1枚に1件、著者名・作品名・出版社名を明記し、2011年2月末日までに投函してください)。ただし、選考委員の作品は対象外とする。

【選考委員】
梅原猛 杉本秀太郎 鶴見俊輔 山田慶兒
(五十音順 敬称略)

【賞金】
100万円

【授賞発表】
2011年5月中旬

樺ェ出版社  桑原武夫学芸賞事務局  
〒102-8110 東京都千代田区飯田橋3-1-3
Tel:03-3230-0771
 
     




書籍検索
書籍名 著者名 詳細検索