詳細情報

ご購入の場合は
「お買い物かごに入れる」
ボタンを押してください。

お買い物カゴに入れる

代引きでのご購入をご希望の方はこちらにお問い合せください

03-3230-0741



潮新書 街場の共同体論

著者名: 内田樹
カテゴリ名:書籍/単行本
発刊日:2016年12月29日
判型:新書判
ページ数:320
税込価格:890 円(本体 824 円)
ISBNコード:9784267020742
Cコード:0295
本の内容:

話題の名著が、待望の新書判で再び登場!
崩壊に向かう日本と、
思考停止の日本人。
それでも今、自分に
できることから始めてみる――。
「本書はかなり面白いです。
非常に、と申し上げてよいくらいです。」

(あとがきより)

「現代日本における共同体の危機は、いきなり
天から来襲した災厄ではなく、何十年もかけて、
僕たち日本人が自らの手で仕込んだものです。
共同体とは『このようなものであるべきだ』という
合意に基づいた、国民の営々たる努力の『成果』
なんです。三〇年かけて仕込んだ仕組みが破綻し
始めた以上、それを補正するための努力にも
同じ時間がかかると覚悟したほうがいい。」
(「新書版のためのあとがき」より)





目次:
 
書籍検索
書籍名 著者名 詳細検索